オールワン住宅 > オールワン住宅のスタッフブログ記事一覧 > お家の耐震について知っていたほうがいいこと

お家の耐震について知っていたほうがいいこと

≪ 前へ|不動産の豆知識   記事一覧   瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)ってなに?|次へ ≫

耐震診断


最近では高知県でも古い家屋の耐震化を推進していますので、新築住宅でも耐震構造に興味が出てきた方などもたくさんいるのではないでしょうか?


ここでは、「耐震」について、みなさんが必ず理解しておいたほうがいい事をご説明します。


建築構造物の耐震とは

耐震とは一般に、新築から古くなって解体するまでの期間に数回起こる可能性のある中規模の地震に対しては大きな損傷はせず、新築から解体までの間に一度起こるか起こらないかの大地震に対しては居住者の生命を守ることを目標としているものです。

つまり、大地震に対しては倒壊しない程度の損傷は許容していて、損傷しても安定性を損なわないようにすることが求めれられている基準です。


簡単にいうと

ちょくちょく起こる中程度の地震では、それほど壊れないようにする基準ですが、とても大きな地震が起こった場合には多少壊れてもすぐには倒れないようにしてください


と、言うことなんです。



よく勘違いされていると思われるのは、耐震性が高いから地震がきても壊れないと思われてることです。
※これは問題ですよね。


少し前の熊本地震では、大きな地震が何度も来ています!!
2度目の地震で倒壊した家がたくさんあるのは、一度目で主要構造部分である柱や筋交いが壊れていた可能性が高いからなんです。


耐震のことを皆さんがきちんと理解していれば、大きな地震があった後すぐに家に帰るということはなかったのではないかと思います。




これに類似することで「制震(せいしん)」「免震(めんしん)」というものがあります。

「耐震」ときっちり区別して理解している方は少ないのではないかと思います。


「制震(せいしん)」とは

建物に対する地震力を、建物内部の機構(油圧式のダンパーなど)により減衰させたり、揺れの増幅を防いだりすることで、建物の振動を低減させることを言います。

これは、ボルトや金具で柱などを固定して強く(耐震)しても大きく揺れるとゆるんだり壊れたりしますが、ダンパーなどを筋交いに設置することにより、揺れ自体を軽減して壊れにくくするものです。


「耐震」+「制震」でさらに壊れにくくなると言うことですね



「免震(めんしん)」

地震の力を抑制することによって家の破壊を防止することを意味します。


よく比べられるものが耐震ですが。耐震は、地震力を受けても破壊しないという目的なので、構造的に頑丈であること・偏心が小さいことなどを目指して安全をはかっています。




簡単にいえば耐震は地震がきても壊れない(耐える)ことを指して、免震は地震の力ををなるべく受けない(免れる)ようにする構造です。

そして制振は、構造体内部に震動を吸収する装置(ダンパーなど)を組み込むことで構造物の破壊を防ぎます。



大きなビルや建物などは、免震・制振・耐震すべてを考えて安全性を高めているものもありますが、

一般のお家は規模も小さいので(全部をやるとかなり高額な費用がかかってきますので)全部までは必要ない気もします。心配な方は建築屋さんに相談しながら納得いくような方法を組み合わせるといいかもしれませんね。


最近は地元の工務店さんでも費用が安くてすむ「制震ダンパー」の取り付けなどもやっていますので、検討する幅が広がってきています。


追伸:どの工務店さんに相談すればいいのか分からなければ、ご相談ください(‐^▽^‐)

あなたに、より高い満足を提供します。  オールワン住宅

ブラウザのタブを閉じると、豆知識の一覧ページに戻ります。
≪ 前へ|不動産の豆知識   記事一覧   瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)ってなに?|次へ ≫

トップへ戻る