オールワン住宅 > オールワン住宅のスタッフブログ記事一覧 > セットバック

セットバック

≪ 前へ|売買契約と手付金   記事一覧   ローン特約|次へ ≫

セットバック



不動産の情報をみていると、

道幅がせまい物件があります。

一般的に道幅が4m未満のところでは、一部を除いて セットバック(道路後退)が必要になります。



セットバック(道路後退)とは


建築や都市計画の法律ではいろいろな道路があります。
※アスファルト・コンクリ・砂利などの種類ではありませんヘ(゚∀゚*)ノ


簡単にいうと、法律によって これは道として認識(指定)しましょう みたいなことです。


として認識(指定)するというのは、家を建てるときに公共機関に提出する書類で建築確認書というものがあり、公共機関で建築してもいいよ~という許可をとらないといけないんです。


その許可をもらうために「建築基準法上の道と認識(指定)された道路に2m以上土地が接していないといけない」という決まりがあります。


そのなかには
「道として認めてあげるけど、緊急車両などが入れるように将来は道路の幅を4mにしたいので、家を建てるときには土地の一部を道路にちょうだいね」

という感じです(^_^;)



じゃあ、どれくらい道路として土地をあげないといけないの?
と、いう疑問ですが


それは道路中心線からそれぞれ2mになるようにしなければいけません。

下の画像は、土地Bにお家を建てる場合のセットバックについてです。

セットバック



黄色の部分が今回セットバックした所となります。


将来的に「土地A」もお家を建てるときには同じようにセットバックしますので、いずれは4mの道路ができあがるというわけです。


広告などで表示されている場合に、「セットバック必要」となっているものは、表示されている面積からセットバック面積の分だけ少なくなります。

※セットバックした部分には、すぐに移動できないものを作ったり建てたりしてはいけません。


あなたに、より高い満足を提供します。  オールワン住宅

ブラウザのタブを閉じると、豆知識の一覧ページに戻ります。
≪ 前へ|売買契約と手付金   記事一覧   ローン特約|次へ ≫

トップへ戻る